1. ベストグループ中部西ブロック会員ホームページ > 
  2. ベストの指針の実践体験談 > 
  3. 「心から人にやさしく話し接する」「人の長所を見る、人の長所をのばす 」「損得なしで社会や人々のお役に立てる人間になる」を実践して

「心から人にやさしく話し接する」「人の長所を見る、人の長所をのばす 」「損得なしで社会や人々のお役に立てる人間になる」を実践して

私は、ベストの指針は人生の道しるべと教えていただききました。沢山書いてある内容の中から少しでも出来るようになって素晴らしい人になりたい、変わりたいと思い、実践をさせていただきました。ベストの指針の実践により生命とは何かがわかるようになる、生命とは何かがわかるようになると真理がわかるようになると教えていただいています。その事に改めて気付かせていただいたとき、生命がわかる人になりたい、真理を知りたい、そして周りの方に良い影響を与えられる人にならせていただきたいと心から思いました。そしてベストの指針の、「心から人にやさしく話し接する」「人の長所を見る 人の長所をのばす 」「損得なしで社会や人々のお役に立てる人間になる」を実践させていただきました。その中で、自分が出来ていない事を相手に求めていたり、人を大切にしていなかった事に気付かせていただきました。小さい頃から甘える事が出来なかった長女が、無邪気な笑顔で沢山話をしてきてくれるようになりました。短気で私の言葉に耳を傾けてくれなかったり、外出が多くなると機嫌が悪くなっていた主人が、笑顔で送り出してくれる様になりました。心が揺れなくなり、穏やかにならせていただいているのを感じさせていただいています。最近変わらせていただいた職場は素敵なスタッフの方ばかりで、楽しく仕事をさせていただいています。日々感謝の連続です。この素晴らしいベストの指針を、毎日ワクワクしながら実践させていただいています。世界が平和になりますように、人類が平和になりますように、日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事により、真理の国になる事を心から願い、お手伝いをさせていただきます。伝え広めさせていただきます。

三重・はつらつ交流会 女性

一覧に戻る <<